≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

お知らせです!



今日はアディーの病気のことではなく、私的なお知らせ事で恐縮なのですが・・・

学研より発行されている隔月誌「うちの猫のキモチがわかる本 vol.11」(3.25発売)のグラビアページ(P42~P48の7ページ)に、私の撮った猫の写真が掲載されております。 
多くが本家HPのM's内でもアップしている漁港&海で暮らす猫達の写真ですが、よろしかったら本屋さんで立ち見(?)でも・・・ 
 
あと「猫の介護について」を扱った特集ページにアディーのこともちょっとだけ・・・ 
アディーの小さい頃の写真が掲載されております。 
かばえぇ~(笑)!
って、この「猫の介護について」の特集は結構為になるかも~。。。
スポンサーサイト

| street cats photo | 11:28 | comments(10) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

術後2ケ月・・・



10日の日にオムツを取ってから2週間が過ぎました。
毛を剃った為に未だ剥き出しになったままのピンク色の左側のお腹部分は少し可哀想ではありますが、見ようによってはその歩く姿はハクを付けて帰ってきた893な男・・・
その名はツルタコウジかタカクラケンか?

「親分、お勤めご苦労様でやんした!」

な~んて感じがしないわけでもなく・・・
って、アディーはレディーだってばサ(汗)。。。

冗談はともかく傷口も食欲もトイレの具合も順調のまま、おかげ様で明後日の26日には術後2ヶ月を迎えることとなりました。
いや、桜の開花情報が2倍にも3倍にも嬉しく思える今年の春の訪れ。
って、前回の記事でも同じようなことを書きましたが・・・

このまま何事もなくG.W明けの検査の日を、迎えることができますように!
皆さん、良い週末を!

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 18:32 | comments(5) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

春が楽しみ・・・



今日の東京はもの凄い強風でしたネ。
ビュービューと風の音がうるさかったですが、でも、午後からは太陽が顔を出してくれたので、アディーも窓辺で気持ち良さそうに光合成(?)を楽しんでおりました。
やっぱ人間だって猫だって、どんよりと曇ったお天気よりも、お日様の見える日のほうが「すかっと爽やか!」(←古っ)・・・
元気も出るっていうものですよネ。

もう、すぐそこ迄やって来ましたネ<春
何故だかいつもの年より楽しみな06年の春の訪れ。。。

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 18:26 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

つい先日まで・・・



おかげ様で順調に過ごしているアディーではありますが、となると、特にブログに書く話題もなく。
・・・って、それに越したことがないのは勿論のこと。
せめて写真だけでも・・・
そう思うも、そのほとんどが似たようなポーズの寝ている写真ばかりなり。

うぅっ(涙)。

あぁ。
つい先日までこんな格好をしていたんだネ・・・アディーちゃん。



| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 17:43 | comments(3) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

治療終了!



7日の火曜日の夕方にアディーの傷口を確認したところ、
「おーっ、これならOKかも!?」
素人目にもそんな風に見えたのでさっそく病院へ電話をし、8日のAMに診察に行ってきました。
車の助手席に置いたキャリーバッグの中で
「うにゃ~!」「うにゃ~!」
と声をあげ続けるアディーに、
「よし、よし」
「もしかしたらオムツも取れて、病院通いも今日で最後になるかもしれないからネ・・・」
「頑張ったもんねぇ」
などとイイ歳をしたオヤジが赤ちゃん言葉を使いつつ・・・
あぁ、恥ずかしいわん(汗)。

思えば今日までの17年間、一度だけぎっくり腰の治療の為に病院へ行ったことはあるものの、それ以外は全くの病気知らずだったアディー。
そんなアディーがまさかこんな病気にかかり、何度も病院へ足を運ぶことになろうとは・・・

ハンドルを握って5分もしないうちに病院へ到着し、いつものように診察室で検温&体重のチェック!
体重・・・2.5kg
よし、よし。
前回と変わらずOKとしましょう!
さぁ、いよいよ傷口の検査です。
「アディーちゃん、おはよ~!」
「傷はどうですかぁ?」
と登場した先生に、今回ばかりは自信たっぷりの私。
「いや。かなり良くなったように思うんですが・・・」
先生の前でオムツを取って背後からアディーを万歳させ
「どでしょ?・・・」
自慢気にアディーのお腹を先生の目の前に。
≫ Read More

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 15:19 | comments(8) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

ブチャイクだけど・・・



2日の診察のご報告です。
体重・・・2.5kg
うん、うん。
前回と変わらず「良し!」としませう!!
問題なのは傷口の回復具合です。
って、こちらも「問題」というのは少し大袈裟で、12cmぐらい切った腹部もほぼ元に戻ってはいるのですが、リンパ部分の人間でいえば丁度股関節あたり・・・
その辺りを縫い合わせたところに3ケ所だけ、ほんの数ミリなのですが、まだピンク色の肉芽の状態の部分が残っており。

※肉芽:皮膚が傷ついた時などに深部から盛り上がってくる鮮紅色でつぶつぶした結締組織

これは肉が盛り上がってきている状態で傷口が正常に回復していることなので問題はないとの事。
ただしこの状態で舐めてしまうと・・・汗、汗、汗。。。

患者服を脱がして傷口を確認してみると、前回は3ケ所だった肉芽が僅か1ケ所に。
「うぅ~ん。どうしましょう?」
・・・傷口を見ながらの先生の反応。

可愛いリボンが付けられたその患者服姿に「なかなか可愛いじゃないの」などと最初は言ってはみたものの、さすがに一ヶ月ともなると可哀想でもあり。
しかも小さな肉芽一つの為に窮屈な患者服を全身に・・・

「うむぅ。どうしましょう?」

≫ Read More

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 11:49 | comments(7) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。