PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

謎=転移



19日の金曜日、アディーを獣医さんへ連れて行き、検査&診察を受けて来ました。
本来ならば予定通りに火曜日に連れて行きたかったのは山々だったのですが・・・
獣医さんへ連れて行くストレスによる更なるアディーの急変など、など。
悪いことは重なるもの。
そして私自身が若干弱気になっていたのも事実。
しかしながら、どうしてもそんな「まさか」の事態が頭の中を駆け巡ってしまい、出来るものならば獣医さんへは女房が東京へ戻ってから・・・

「頑張れアディー!」

そう祈りながらの一日一日でありましたが、そんなアディーの頑張りも、金曜の朝で限界でした。
金曜の朝、一時間半の難産の末、居間の真中に落としたアディーのウンチはまるで石ころのように固く・・・
それは単なる便秘によるものではなく、アディーはおそらく脱水症状を起こしているのだと思われ・・・

AM9時になるのを待ち、私は獣医さんへ電話を入れました。


午後3時半、獣医さんへ到着。

それは、3月8日以来の診察でした。

体温・・・37.6℃
体重・・・2.0kg

3.0kgまではないと思っていましたが、G.W前までの、あの食欲・・・
G.W前なら多分2.7~2.8kgぐらいはあったと思うのですが、G.W明けの激変と共に体重も急降下してしまったのでしょう。
2.0kgは少しショックな数字でありました。
続いて担当のO先生の入念な触診が始まりました。
こちらは予想通り新しいシコリ(腫瘍)は確認出来ず、私は「ニンマリ」&「ホッ」っとため息・・・
後はいつもの流れと同じく、アディーは診察室から処置室へと移され血液検査~レントゲンですが、今回は注射(点滴&ビタミン剤)を打ってもらい脱水症状の回復へ・・・

「予想通り新しいシコリは発見できなかったのに」
「ならば、このアディーの激変ぶりは何が原因なんだろう?」

私はそれらの処置が終るまでの待合室での約30分、そんな事ばかりを考えていたのですが、その疑問はいとも簡単に晴らすことが出来ました。

私はO先生に呼ばれて再び診察室へ・・・
レントゲンを壁のライトビュアーに掲げるO先生の表情が幾分固く映ったのは私の気のせいでしょうか?
レントゲンにはアディーのアバラの骨が浮かび上がり、その真中辺り、ぼんやりと丸く映っているのが心臓であることを先生が説明してくれました。
そしてそのアバラの中の黒い影が肺であることは、一目瞭然。
更に、その肺の映像が過去2回の検査の時に見せてもらった肺の映像とは別物であることも、私には一目瞭然でした。
全体に黒く映るはずだけの肺の形の中、今回の映像には、まるで蜘蛛の巣のように・・・
いや。
黒く映るはずだけの肺の形の中、そこには秋の空のウロコ雲のように沢山の白い影が浮かび上がり・・・

残念ながら奇跡は起きませんでした。
がん細胞はアディーの肺に転移しておりました。
悔しいけれど、悲しいけれど、けれど、これが「謎」の「答え」でした。
G.W明けのアディーの急変の謎はいとも簡単に解けたことになります。
謎が解けた時、一瞬だけ「ホッ」っとしたような気がしたのですが、直後、すぐに大きな悲しみに、私の頭の中と心の中は支配されてしまいました。

あと2ケ月?
それとも1ケ月?
いや、それ以下かもしれません。
悔しいです。

土曜日の夕方、両親の介護に一応の目処が立った女房が8日ぶりに静岡から戻りました。
疲れている彼女に真実を伝えたくはありませんでしたが、伝えない訳にはいきませんでした。

2.0kgの小さな体でアディーはガン細胞と必死に戦っています。
私達二人が逃げる訳には行きません。
崩れそうになる時もありますが、出来るだけ穏やかに、そして、しなやかな心をもって、以後の介護にあたろうと思っております。

長くなってしまうので、今日はこの辺で。
とりあえずのご報告でした。
スポンサーサイト

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 17:04 | comments(17) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

あぁ・・・
残念で残念で、ため息しか出ません・・。
大変でしょうが、あとはアディーちゃんの苦しみが少なく過ごせますよう祈っています。

| レチェママ | 2006/05/22 17:51 | URL | ≫ EDIT

何と言ったらよいのか。。。
Mお兄さんが書かれている通り、
アディーちゃんもお二人も、出来るだけ穏やかに過ごすことができますように。
私も祈っています。こんなに明るい5月だから。

| みにゃん | 2006/05/22 20:46 | URL | ≫ EDIT

悔しいですね.....。
2kgかあ。
子猫みたいな体で、頑張ってるんだねアディーちゃん。
もう少し。もう少しだけでいいから。元気でいて。

| くま吉 | 2006/05/22 22:08 | URL | ≫ EDIT

おつらい気持ちの中、お知らせありがとうございます。
レチェママさんもおっしゃっているように、残念で残念でため息が出ます。
私もずっとずっと痛みの無いよう、出来るだけ永い、穏やかで濃い家族の時間を過ごせるようお祈りさせて下さい。

| mikay | 2006/05/22 22:27 | URL | ≫ EDIT

ターミナルケアという言葉が何だかむなしいです。
痛みが少しでも和らぐ処置をしてあげるしかないですね。
でもそれ以上にお二人のたっぷりの愛情を、アディーはちゃんと受け止めているからきっと痛みも半減してるね。

| mia | 2006/05/23 06:00 | URL | ≫ EDIT

ご両親さまのこと、アディーちゃんのこと。
たくさんのことが重なって、おつらい日々ですね。
ご報告もお辛かったでしょうね。
お気持ちを考えると、Mさま M妻さまの心と体も心配です。
たくさんの愛情に包まれて、アディーちゃんも頑張っているのでしょう。
アディーちゃんもM様たちもより良い、幸せな時を過ごせるよう、お祈りしています。
M様妻様もお体大切に。ちゃんとご飯食べてね。

| ろーじーの母 | 2006/05/23 10:57 | URL | ≫ EDIT

レチェママへ
送ってもらったペットシーツ・・・しばらくは大丈夫と思っていたのですが。あいや、さっそく使わせてもらっております。
うん、便利、便利。
色々とありがとう・・です!

| M | 2006/05/23 11:41 | URL | ≫ EDIT

みにゃんさんへ
お祈り・・・ぜひともお願い致します。
だって、みにゃんさんの「お祈り」は効くんだもの。
ありがとう!

| M | 2006/05/23 11:44 | URL | ≫ EDIT

くま吉ちゃんへ
昨日もね、ちと獣医さんへ行ったんだけれど、昨日は何と1.92kgだってばサ!?
流石に軽いわん(涙)。。。
応援、ヨロシク!!

| M | 2006/05/23 11:48 | URL | ≫ EDIT

mikayさんへ
先日はメールもありがとう・・・です。
11月に東京で会った時は、まさかこんな事になるとは・・・だったんですけどねん。
セブからの祈り、有難いです、心強いです。
ヨロシク!!

| M | 2006/05/23 11:54 | URL | ≫ EDIT

miaさんへ
アディー本人は出来るだけ頑張らなくて済むように、その為に自分が頑張らなくては・・・って思っています。
去年の夏に禁煙しておいて良かったっすヨ。
止めてなかったら、多分、今頃右手の指はまっ黄色!!

| M | 2006/05/23 12:03 | URL | ≫ EDIT

ろーじーの母 さんへ
正直、今回の8日間はかなりきつかったっす・・・自分も女房も。
でもね、何とかなるもんですよネ・・・前向きに取り組めば。
誰もが経験する逃れられないことなのですから。
はい、体だけには注意をして頑張りますねん。
応援よろしく~!!

| M | 2006/05/23 12:12 | URL | ≫ EDIT

応援ありがとう
皆様、励まし、応援メッセージありがとうございます。
私もMも感謝の気持ちで一杯です。
個人的には色々なことが重なり、かなりきつい状況ですが、何とかなる、と思えば何とかなるものです。
残念ながら、生き物は永遠ではなく、いつかこの世からいなくなります。これは人も動物も同じです。
心の準備をする時間を与えてもらったことを感謝するのみです。
そして何よりもアディーを通して、こんなに素敵な方々と知り合えたことに感謝してます。ありがとう。
頑張るよ!

| リリー | 2006/05/23 13:20 | URL | ≫ EDIT

リリーさん
Mさん(こんな時にはじめましてですが)

がんばって・・・・・・

| うさ公 | 2006/05/24 08:56 | URL | ≫ EDIT

うさ公 様へ
こちらこそ、はじめまして。
そしてコメントを残していただき、ありがとうございます。
がんばって・・・の一言、嬉しいです。

もしよろしければ。
どちらのルートを経由していらしていただいたのでしょう?

| M | 2006/05/24 11:47 | URL | ≫ EDIT

自己紹介が遅れて申し訳ありません。
リリーさんの数多い妹分の一人(自称)でございます。
同じ学科の後輩・そして同じ業界の後輩として、ずっとかわいがっていただいております。
先般、ひさしぶりにご連絡がとれた際、こちらを教えていただき、秘かにご訪問させていただいていました。

リリーさんには、何度も助けていただき・支えていただきながら、何もお返しできていない私ですが、一言お伝えしたくて、思わず書き込みしてしまいました。

| うさ公 | 2006/05/24 12:55 | URL | ≫ EDIT

うさ公さんへ
誰かと思いきや、○○ちゃんじゃないの。
励まし、ありがとう。
というわけで、我が家はにわかドクター、ナースで毎日格闘しております。
私は抑えている係りなのですが、ついつい力が入ってしまい、首を絞めてしまうのでは、という恐怖に襲われております。
抵抗する力も残ってないのですが、悲しそうに鳴くのよ。
これが辛くてね。
何もしないのも残酷だし、どこかで折り合いをつけなくてはいけないのだろうけど、難しいです。 

| リリー | 2006/05/24 13:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://addiecat.blog47.fc2.com/tb.php/29-e144c2d4

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。