PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

注射器の思い出・・・



■覚書きとして

●05/22(mon)
・朝、行方不明事件:畳んだ布団と壁の僅かな隙間にて発見(怒)
・朝、先週獣医さんでもらったカリカリをあげてみたら5~6粒食べる   (嬉)
・am10:30、獣医さんにて注射の打ち方を教えてもらいながら実際に50mlx2を投与(汗だく)
・夜ごはん食べず(涙)
・就寝前、リビングのドアの前でC(おしっこ)をしてしまった(涙)

●05/23(tue)
・朝、ごはん食べず(涙)
・昼、きちんとトイレにてCを1回(嬉)
・夜、黒缶のマグロをあげてみたら一口だけ食す&焼いたさんまの開きもほんの少しだけ・・・(嬉)
・夜8時、自宅での始めての注射(点滴)・・・なんとか成功、いや80点か?(汗)

水は飲むのですが食欲という「欲」を完全に失ってしまったように食べないアディー。


脱水症状改善の為にはほぼ毎日の注射(点滴)が望ましいとのこと。
しかしながら毎日の通院のストレスもマイナス要因になりそうなので、自宅での点滴を決めました。
月曜日に指導を受けて一週間分の器材&薬品セットを準備してもらいました。
で、昨夜、初めて試みたのですが・・・
女房が動かないように頭を押さえて、私がお注射。
ふむぅ~・・・骨と皮だけになってしまっているので打つポイントを探すのが難しいっす。

そう、注射器の思い出といえば・・・

確か、小学生の4年か5年の頃。
雑誌「科学」の付録の昆虫採集セット。
標本にしようと捕まえたアゲハ蝶を押さえ込み、黄色い薬品を仕込んだ注射器の針を胴体めがけてブスリ!

「ぎゃぁ~~~~~!!」

次の瞬間、暴れる蝶のお尻の先端から何やらヌルリとした液体がドバ、ドバ、ドバと流れ出し・・・

「ぎゃぁ~~~~~!!」

そこまでの記憶は鮮明なのですが、以後のことは、あまり記憶になく。
もしかしたら失神したのかもしれません。
以来、注射と蝶々が大嫌いになった私でありました。

昨夜のお注射は何とか成功・・・かな?(汗)。
アディーちゃん、上手に打てるように頑張るから、アディーちゃんも我慢してねん。

 
スポンサーサイト

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 11:35 | comments(7) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

お注射、気疲れしますよね~(^^;
チロにインシュリンを打つときに、
緊張のあまり、歌を歌いながらやっていたのを思い出しました。

アディーちゃん、ダイジョブだからね♪

| みにゃん | 2006/05/24 13:32 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/05/24 15:32 | | ≫ EDIT

偉いわ!
ちゃんとトイレでおちっこしたのね(^^)
足はまだちゃんと力がはいるようで、安心しました。

脱水症状に点滴ですか。
家の獣医さんからはそういうアドバイスはなかったです・・
レチェも晩年便秘がひどかったので、点滴していればもう少し長く生きられたかもね。
Mさんが苦手な注射、がんばってください!

| レチェママ | 2006/05/24 16:07 | URL | ≫ EDIT

皮下点滴やってるんですね。
これ、1人じゃ無理だから私はやらなかった。
点滴の液を猫肌に温めたり大変らしいですね。
ちゃんと吸収されてますか?
食べないですか・・・
強制給餌は無理ですか?

>レチェママさん
点滴しても、すももは便秘酷かったから直接は関係ないと思うよ。

| hiromi | 2006/05/24 19:33 | URL | ≫ EDIT

みにゃんさんへ
そうか・・・そういえばチロは糖尿もあってみにゃんさんがインシュリンを打っていたんだよネ。
さっき、HPの「チロの7つ道具」を思い出して読んでました。
だよね。
打つ方が怖がっていちゃ、打たれる方はもっと怖いですよね。

唄いながら<演歌でも大丈夫だろか?

| M | 2006/05/24 20:25 | URL | ≫ EDIT

レチェママへ
足はようやくってところでしょうか・・・
のらりくらりと徘徊しながらコテンと転びます。
一生懸命で可愛いっす(笑)。

>脱水症状に点滴ですか
うぅ~ん・・・
って、点滴は脱水症状対策というよりも、要は栄養補給がメインといったほうが適切かも・・・

注射が嫌いというよりも針を刺す瞬間、あの時のあの蝶々の姿が・・・
あぁ。
蝶々怖い(泣)。

| M | 2006/05/24 21:17 | URL | ≫ EDIT

hiromiさんへ
>点滴の液を猫肌に温めたり大変らしいですね。
温度はそれほど厳密なものではありませんし、レンジでチンするだけなので特に大変なことは・・・
でも自分も一人では自信がありません。

hiromiさん、これから先のこともありますので一言だけはっきりと言わせてもらいますネ。
色々なアドバイス等はとても嬉しいですし、善意で言ってくれているのは理解しております。
しかしながら・・・
>ちゃんと吸収されてますか?
>強制給餌は無理ですか?
前記事へのコメントも含めて、このような状況になってからのこのような(↑)コメントはもう勘弁していただけたら・・・と思っております。
多分hiromiさんは「何故?」と思われるかもしれません。
その理由が解らないかもしれません・・・
自分も精神的に余裕のある時でしたら軽く長すのですが、今は正直ギリギリです。
アドバイスを超えたアドバイスは時に人に苦痛を与えるものです。
以後、コメントは控えていただければと思っております。

| M | 2006/05/24 21:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://addiecat.blog47.fc2.com/tb.php/30-59fc63f7

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。