PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

良かったと思える事・・・



アディーが逝ったのは丁度一週間前の水曜日、5月31日のAM5:15分のことでした。

完全な危篤状態に陥ってからすでに6日を数え、その間、私も女房も涙を流し過ぎたせいか、はたまた最期の夜の痙攣発作が凄まじく&長時間に及んだ為なのか。
最期の時を迎えた後の私達は、正直、「ホッ」っとしたという気持ちが「悲しみ」を上回っていたと思われ・・・
ベランダに出て外の空気を吸いながら大きく溜息をついた時、その時の朝陽が眩し過ぎるほどに爽やかに、綺麗に晴れ渡った空だったことが、「ホッ」っとした安堵感に拍車を掛けたのかもしれません。

「後悔はない」と言うのは嘘になってしまいますが、「良かったな」と思っていることが幾つかあります。

一つは、最期を夫婦揃って看取ることが出来たこと。
一つは、私が自宅を仕事場としていたこと。
そしてもう一つは・・・
その日が爽やかな青空が広がる「晴れの日」だったこと。

今朝の東京も一週間前と同じ様な爽やかな朝でした。
青空を仰ぎながらアディーのことを思えるのは心が救われます。
スポンサーサイト

| アディー(猫の乳腺腫瘍) | 10:16 | comments(9) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

いかがお過ごしですか
素敵な写真ですね。
アディーちゃんはとっても幸せ者ですね。
私はミミのアップの写真をあまり撮っていなかったので
今は遺影の代わりに絵を飾っています。

Mさんリリーさん、少しは落ち着かれましたか?
時薬、いつ頃から効いてくれるのでしょうね・・・。

| mimimama | 2006/06/07 11:23 | URL | ≫ EDIT

可愛いわ~(^^)
本当に良い写真ですね!
アディーちゃんの表情、幸せな暮らしだったのが良く解ります。
その時を迎えてこれ以上苦しまなくていいんだ、これ以上介護しなくていいんだという安堵感、私もそんな風に感じました。
でもその後、じわじわと寂しさが・・まだ一週間ですものね。

ところで、骨壺ですが・・
レチェのは3倍くらい大きくて、ぎっしり入ってました・・(^^;

| レチェママ | 2006/06/07 16:05 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/06/08 00:11 | | ≫ EDIT

mimimama へ
写真、誉めてくれて嬉しいです、ありがとう!
けれど実は我が家もアディーの写真は少ないんです。
小さい頃は使い捨てのバカチョンで撮っていたのですがどれもブレブレ&ピンボケばかりで(泣)。
自分は今でこそ写真を趣味としておりますが(4~5年前から)、時、既に遅し・・・
写真が趣味となった頃は、アディーは寝てばかりのお婆ちゃん。
だからアディーの写真は寝ている姿ばかりなり、トホホホ(号泣)。

>Mさんリリーさん、少しは落ち着かれましたか?
気に掛けてくれてありがとう・・・です。
けど残念ながら落ち着くどころか、あれこれや色々と。
実は昨日も一昨日も、女房と二人揃って静岡へのとんぼ返りの連続でありました。
ふぅ・・・
ここは正念場と思って頑張るっすよ。

mimimamaさんも今しばらくは寂しい日々が続くとは思いますが一緒に乗り切りましょうねん。

えい、えい、おぉーっ!

| M | 2006/06/08 09:41 | URL | ≫ EDIT

レチェママへ
大きくなってからの数少ないアディーの「眠っていない」写真っす(笑)。
冬場、太陽が低くなる時期は部屋に陽が長く差し込むので、そこでゴロンチョ・ゴロンチョするのが好きでした。

まだ一週間というか、もう一週間というか・・・
って、実は自分の場合、あの31日の5:15分の出来事が、ずぅ~っと昔の出来事のように思えて・・・そのくせアディーの体温とか触った感触なんかはしっかりと手の平に残っているんですけど・・・
自分でもよくわからない、何だか不思議な時間の感覚を味わっております。

>レチェのは3倍くらい大きくて、ぎっしり入ってました・・(^^;
さ、3倍!?
マ、マジっすか~~~(笑)!?
でも男の子はやっぱ骨格が大きいって言ってました<火葬場の人が・・・
それにしても3倍とは、さすがです<レチェ(笑)

| M | 2006/06/08 10:03 | URL | ≫ EDIT

この1週間
自分がどこで何をしているのかも、はっきり把握できないでいるような、不思議な感じでした。
でも唯一確かなのは、アディーがいないこと。
不思議なくらい落ち着いている自分と、時々どうしようもなく崩れていく自分がいます。
今、両親の問題も抱えているせいなのかもしれませんが、とてつもなく不安定な自分を持て余している自分がいます。

アディーの夢が見たいけど、鳴き声しか夢で聞けませんでした。
現実は全て受け入れるけど、アディーに触れたい、鳴き声を聞きたいと思う気持ちは、日に日に増すばかりです。

| リリー | 2006/06/09 18:22 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/06/10 00:42 | | ≫ EDIT

Mさん、リリーさん、こんばんは。
今日はもう10日。はやいものですね。
時の流れは澱みなく、想いは時に追いつけず。。。ですネ。あたりまえのことですよね。

お二人になんて言葉をかけたらよいのか、
自分がチロと父のことが重なった時の事を思い出そうとしてたのですが、
無我夢中だったのですよね。あまりよく思い出せないんです。

でもね。ひとつだけ思い出しました。
あの頃よく胸に浮かんでた歌の一節。


こなごなに砕かれた鏡の上にも新しい景色が映される


「千と千尋の神隠し」の歌です。
こなごなになっちゃった心にも、新しい景色はちゃんと映るから、
泣きながら自分に、「ウン・・・だいじょぶ」って、
「チロに恥ずかしいもんね!」なんて、無理な強がりなんですが、すこーし周りの景色をみまわせたり。してました。

今は1日1日をひたすら超える日々でありましょうが、
応援していますからね~(^_^)/

| みにゃん | 2006/06/10 21:24 | URL | ≫ EDIT

みにゃんさんへ
週末、父と母の顔をみてきました。
父は大分回復しており、大丈夫そうですが、母は生きる気力をすっかり無くしており、多分、もう永くないと思います。
思い切りべたべたして、甘えてきました。
帰りの新幹線の中、ずっと泣き通しでしたが。
みにゃんさんの言うとおり、泣いてばかりいるとアディーが心配すると、思いこらえてます。 でもね、辛いよね。
こんな時、アディーのぬくもりがとても恋しくなります。
励ましありがとう。
みにゃんさんも頑張れたから、私もあと少し頑張るからね。

| リリー | 2006/06/11 21:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://addiecat.blog47.fc2.com/tb.php/35-a9306967

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。